育児相談 : 母乳とミルクについて

 赤ちゃんの育児、あなたは母乳派?それともミルク派?ミルク派なら出産祝いにプレゼントなんかいいと思います。たくさんあっても困りませんからね♪母乳は赤ちゃんにとって良いと言われていますが、最近のミルクだって母乳と変わらないほどの栄養素を含んだものが多く販売されています。どちらが良いというわけではなく、母乳には母乳のメリット、ミルクにはミルクのメリットがそれぞれあるのです。それぞれの特徴を知った上で、状況に応じて使い分けるようにしたいものですよね。そこでこのページでは、母乳とミルクについての特徴をご紹介したいと思います。

母乳の効果

 母乳が赤ちゃんにとって良いといわれうのは、良く聞く話ですよね。では、何故母乳が良いのか皆さんご存知でしょうか?母乳にはビタミンやたんぱく質、それにミネラルや脂肪など赤ちゃんにとって理想的な栄養素を多く含んでいるからなのです。子供を生んですぐ出る「初乳」は、さまざまな免疫物質を含んでいますので、赤ちゃんを悪い病気から守るためにも大切なものです。必ず赤ちゃんに飲ませてあげましょう。

また、消化や吸収も高いため母乳は赤ちゃんにとって優しい飲み物といえます。哺乳瓶のように毎回消毒する必要もなく衛生的です。それに、赤ちゃんに母乳を飲ませることで母親自体の回復力もアップすると言われています。ただし、出産したからといって必ずしも母乳が出るというわけではありません。赤ちゃんが母乳を飲むことで次第に出るようになるので、焦らないようにしましょう。

ミルクの使い方

 母乳は栄養素や免疫物質など、赤ちゃんにとってとても理想的なものです。しかし、子供を生めば必ず母乳がでるというわけではありません。子供を生んでも、あまり母乳が出ないと言うこともあるのです。また、家庭の事情によっては母乳を与えることができにといったところもあるでしょう。その場合、ミルクを飲ませると思うのですが、母親の中には結構ミルクに抵抗がある方がいます。確かに母乳を飲ませてあげた方が良いのですが、ミルクだからといって気にすることはありません。

現在市販されているミルクはとても良くて、母乳と変わらないほどの栄養素を含んでいます。お子さんの母乳離れをするためにも、ミルクを母乳と交互に与えてあげれば、大きくなってからも抵抗なくミルクに取り替えることができます。母乳があまり出ないお母さんの場合にも、ミルクは必要ですよね。ミルクを飲ませる場合は、きちんと哺乳瓶を消毒してから使うようにしましょう。

母乳しか飲めないお子さんについて

 母乳しか飲めない赤ちゃんってたまにいるのですが、結構母乳だけだと不便なことが多いといえます。母乳を与えることは悪いことではないのですが、母乳が出ないときや誰かに赤ちゃんを預けるときなどは大変です。お腹が減って泣いていてもミルクを飲まないため、他人に預けることは難しいですよね。それにミルクならお父さんも飲ませることができるのですが、母乳しか飲まないと育児に参加できません。母乳だけというのはお母さんにも負担になりますし、できればミルクを飲ませるためにに少しずつ哺乳瓶でチャレンジすることも必要です。

赤ちゃんがミルクを飲まないのは、哺乳瓶の飲み口が関係していることがあります。母乳とは違ったいつもの感触に、赤ちゃんが嫌がっているというわけです。赤ちゃんが母乳を飲む姿って、とても安心して飲んでるように見えますよね。恐らく、哺乳瓶の飲み口では安心できないのでしょう。もし、哺乳瓶でミルクを飲まないときは、母乳に近い感触の飲み口を試してみるのも良い方法だと思います。早いうちに母乳、ミルクと両方で与えることができれば後々楽になりますよ。

ところで、出産祝いのお返しは何かしましたか?お洋服・プリザーブドフラワー・おむつケーキ、中にはベビーカーなどの大きなものを頂いた方もいるのではないでしょうか。
出産祝いのお返しには縁起ものがいいなんていわれますが、どんな方にも喜んでいただける贈り物はお花だと思います。枯れてしまってはせっかくのお花も台無しですので、プリザーブドフラワーの枯れないお花を贈りましょう。プリザーブドフラワーなら普通のお花と違ってお手入れの手間もかかりません。

出産祝いで頂いたお洋服をきせて、下さった方に会いに行くのもいいかもしれません。
おむつケーキはとっても可愛くてつい使うことをためらってしまいがちですが、おむつケーキのおむつが履けなくなってしまわないように、サイズはきちんと確認しておいてくださいね!!
ベビーカーなどの大きなものはご両親に買っていただくという方も多いと思います。
ご両親には出産祝いのお返しを贈るより、孫の顔を見せてあげるのが一番です。ベビーカーに乗せて、お正月やお盆休みは会いに行きましょう。

Copyright (C) 2008 育児相談サイト 赤ちゃん言葉. All Rights Reserved.