育児相談 : 歯と離乳食について

赤ちゃんが生まれて、すくすくと育ってくるとなんとも言えない幸福感が溢れてきますよね。でも赤ちゃんの「歯」って、いつ頃生えて来るのでしょう?それに、離乳食はいつ頃から始めればいいのでしょうか?知っているようで、知らない育児の知識をこのページではご紹介したいと思います。お子さんの成長に合わせて、焦らずしっかりと段階を踏んで進めていくのがポイントです。ぜひ、参考にしてください。

赤ちゃんの歯はいつ生える?

 赤ちゃんの歯が生え始めるのは、生まれてから6〜7ヶ月頃です。ハイハイし出す時期ですね。このころは赤ちゃんがとても成長して段階のため、歯も生え始めてきます。生える順番というのは、下の前歯から生え始め上の前歯といった順番です。たまに歯が生えるのが遅いと心配されるお母さんもいますが、赤ちゃんの成長によるのでそれぞれ生える時期というのは違ってきます。あまり心配しなくても大丈夫なのですが、もし1歳超えてまだ歯が生えないという場合は、一度歯医者さんに相談して見た方が良いかもしれません。

赤ちゃんの歯はとても小さくて、かわいいものです。しかし、歯が生えたということは虫歯になるという危険性が出てきたということです。当然虫歯にならないように、しっかりと対処しなければいけません。始めのうちはガーゼで軽く拭き取り、歯が10本ほど生えてきたら歯ブラシを使って磨くようにすると良いでしょう。中には、「乳歯なんだから大丈夫」と考えているお母さんもいるのですが、虫歯は歯並びや永久歯にも影響を与えますのできちんと歯を磨くように心掛けましょう。

生え変わりの時期に乳歯入れに綺麗な歯がいれられるといいですね。

・お子さんの歯が折れた場合の対処

 子供はとても好奇心旺盛なので、とても動き回る代わりに良く転びます。そのため顔を強打して、歯が折れることが良くあるのです。歯は脆く儚いものなんですね。自分の子供の口から血が出ていると、母親としては動転して焦ってしまうと思うのですが、そんな場合はまず落ち着いてお子さんの口の中を確認しましょう。「大丈夫」などの声をかけてあげると、子供も落ち着きますよ。血が出ているのは一箇所だけか、口以外でも他に痛い箇所がないかなど冷静に確認しましょう。場合によっては止血したり、病院に連れて行かなければいけない必要もありますので、お母さんが冷静になることが大切です。

離乳食はいつ頃?

 離乳食は、赤ちゃんが補給する栄養が母乳やミルクでは足りなくなってきた生後5ヶ月ぐらいが目安です。このころになると、周りの食事風景を見ながら自分も口をパクパクしているときがあります。それが、離乳食の合図と見ていいでしょう。離乳食は、母乳やミルクのような液体以外のもの、つまり固体の食べ物も食べれるようになることが目的です。そのため、赤ちゃんが普通の食事も食べれるように練習しなければいけません。目安の5ヶ月に差し掛かったからといって、急に食事を与えても無理があります。

まずは、生後2ヶ月ほどに母乳やミルク以外のもの、例えば果汁などを飲ませてあげて練習しましょう。お風呂が終わった後に与えるのがポイントです。前もって離乳食前の準備をしておけば、離乳食に移っても無理なく食べさせることができます。まず最初は固いものは与えず、どろどろのものからを与えるようにしましょう。それから徐々に形があるものを食べさせていき、最終的には1歳を超えてから周りと同じような食事を取ることができれば良いですね。お子さんの成長に合わせて、焦らずに離乳できるように進めていきましょう。
離乳食が終わると一気に成長が早く感じます。

Copyright (C) 2008 育児相談サイト 赤ちゃん言葉. All Rights Reserved.