育児相談 : 育児ノイローゼについて

 育児ノイローゼについて、お母さん方はどれだけご存知でしょうか?育児やのチェックでストレスといったものが主な原因となり、育児ノイローゼが引き起こされます。子供を生むと女性のホルモンバランスというのは急激に変わってしまい、精神面で何らかの影響を与えてしまいます。

それはこれから始まる育児や家庭についての不安となり、その不安が大きくなるにつれてストレスに変わり、最終的には育児ノイローゼとなって症状が表れてくるのです。育児ノイローゼになると情緒不安定になることが多く、これが酷いと子供への虐待に繋がってしまうような事態を招いてしまうかもしれません。子育てのストレスについては別ページ(育児でストレスをなるべくためない為のコツ)にて詳しくご紹介しています。

育児ノイローゼの症状

 育児ノイローゼで引き起こされる症状と言うのはさまざまあるのですが、特に多い症状は情緒不安定といった症状です。元気がなく目がうつろで沈んでいて無表情になったり、いきなり怒ったり泣き出しりと感情を制御することができないといった症状が表れます。これは出産後の母親にも良く見られる症状なのですが、育児に対するストレスというのはお母さんにかなりの負担となってしまうので、育児ノイローゼになってしまう可能性があるのです。

それと育児ノイローゼになってしまう原因としてもう一つ、睡眠不足があげられます。赤ちゃんのオムツ替えやミルクを与えることは、昼も夜も関係なくしなければならないことです。それに加え、子供の夜泣きなどで睡眠時間を削られるというの仕方のないことなのですが、それが続くと睡眠不足から不眠症、そして育児ノイローゼへとなってしまいます。今のあなたの状態はどうでしょう?思い当たる点はありませんか?育児ノイローゼの症状を知った上で、その対処を行わなければいけません。

育児ノイローゼの予防と対処方法

 育児に対してイライラやストレスを感じてしまうと、それが育児ノイローゼの原因になってしまいます。赤ちゃんは言葉を発することができないので、ミルクが欲しい、オムツを替えて欲しいと思うときには、泣く以外に方法がありません。しかし、母親にとってはなぜ泣いているのかが分からず、そこから来る不安や焦りなどが毎日繰り返されて続くと、育児ノイローゼになってしまうのです。そのため、まず育児ノイローゼを予防するには周りの環境作りが大切になってきます。特に、身近にいる父親が気を配って母親をしっかりサポートしなければいけません。

育児ノイローゼの原因が育児からくるストレスであれば、そのストレスをためないように話を聞いたり、悩みごとがあるなら相談に乗ったり、また優しい言葉をかけるといったことが予防の第一歩。少しでも、育児に対する母親の気持ちを軽くしてあげることが必要です。母親に任せっきりにはせずに、家事・育児を手伝うことで負担を軽くしてあげることもできます。それだけで、かなり気持ち的にも楽になるでしょう。母親も育児を自分一人でしようとはせずに、周りの人たちに協力してもらうようお願いすることも必要です。そうすることで、育児ノイローゼになることを防ぐことができます。

育児ノイローゼにお悩みなら

 育児に対する母親へのストレスが原因で、育児ノイローゼになってしまいます。そのため、「自分で何とかしよう」と思い込むのは危険な行為です。それは、さらに自分への重圧となり育児に対してのプレッシャーとなります。つまり、自分自身で気持ちを追い込んでしまうのです。孤独感を感じてしまったら、それは不安な気持ちでいっぱいになっているということです。育児については一人でどうにかしようとせず、周りの人たちに協力してもらうようにしましょう。気軽に相談できる相手がいると助かります。

また、今ではインターネットのブログなどで育児についての悩みを掲載したり、育児についての相談サイトを利用して悩みを聞いてもらうといった方法もあります。同じ悩みを抱えている母親たちが利用しますので、同じ境遇の人たちを見て「自分一人だけではない」と実感できるはずです。

相談できるということは、自分の気持ちを吐き出せるということですから、もし育児でお悩みなら一度利用してみることをお勧めします。また、育児についてカウンセリングを行っている専門の機関もありますので、利用するようにしましょう。

Copyright (C) 2008 育児相談サイト 赤ちゃん言葉. All Rights Reserved.