育児相談 : 夜泣きについて

 育児相談で良くあるのが、「子供の夜泣き」についてです。子供が夜泣きしてしまった為に、ご両親が寝不足になることは仕方のないことですが、日中忙しいとそれが負担になってしまいますよね。

ときには、あまりにも夜泣きが酷くてどこか具合でも悪いのかと心配で一睡もできなかったという夜もあるでしょう。それが頻繁に続くと、育児に疲れてしまって憂鬱になることもあるのです。

では、なぜ子供が夜泣きをするのかご存知ですか?このページでは、子供が夜泣きする理由とその対処法に ついてご紹介しております。

子供が夜泣きする理由

 子供が夜泣きをする時期と言うのは、子供を出産してから7ヶ月頃になります。まだ、赤ちゃんの時期ですね。7ヶ月も経つとハイハイすることもできるようになり、体や頭の発達がとても活発に進む時期となります。この頃の赤ちゃんの目には何もかもが新鮮に映り、毎日が新しい体験の連続なのです。しかし、その体験は赤ちゃんにとってとても大きな刺激のため、その興奮状態が納まらずに夜まで続くようなのです。人は、寝ているときに夢を見ることで今日一日の情報を整理すると言われていますが、赤ちゃんにとって一日の体験と言うのは新しいものの連続ですから、その情報を処理することができないというわけですね。

興奮した状態が納まらずに、夜泣きをしてしまうのです。そのため、夜泣きをするというのは、赤ちゃんが成長していくことで必要な行動と言うわけなのです。もちろん、具合が悪くて夜泣きすることもありますが、夜泣きをしているお子さんを見て「順調に育っているんだな」と思えば、子供の夜泣きで睡眠不足になってしまうことも許せてしまうのではないでしょうか。

夜泣きの対処方法

 お子さんがいる家庭では、夜泣きは誰もが経験する育児の一つです。「子供が夜泣きして、寝てないんだよね」なんてセリフ、よく聞きますよね。あまりに頻繁に夜泣きされると本当に眠れないこともありますので、ちょっとした夜泣き対処方法をご紹介したいと思います。他のお母さん方が行った方法ですので、あなたのお子さんに効果があるかどうかは分かりませんが、子供の夜泣きで悩んでいるなら一度試してみてください。

・夜泣きさせないための方法

 子供が夜泣きするというのは、興奮状態が続いているためです。ということは、あまり興奮させるような行動をしないようにすると夜泣きしないこともあります。子供と一緒の外出も頻繁に行うと、夜泣きの原因になってしまいます。後、寝る前にその興奮状態を和らげてあげるのも効果があります。寝る前にぬるま湯にお子さんを入れて落ち着かせるとか、夜は電気の明かりが入らないように静かな部屋で寝かせるといった方法です。

・夜泣きしたときの対処

 夜泣きしてしまったときは、いろいろな対処方法があるので試してみてください。一般的には、抱っこしてあやしますね。他にはミルクをあげたりおっぱいをあげたり、おしゃぶりを与える方法です。また、胎内にいたときに良く音楽を聞かせていたなら、その音楽が落ちつくといったこともあるようです。始めて知ったのですが、ビニール袋の「がしゃがしゃ」という音は胎内の音に近いそうなので、効果があるかもしれません。後は、思い切って寝るまで遊ばせたりする方法もありますね。泣き止まないお子さんを連れて、ドライブという手もあるようです。その場合は、夜中ですので運転には気をつけましょう。

あまりにも夜泣きがひどいなら、別ページで紹介する(海外で人気のあるおすすめベビーカーメーカー・ブランド)のベビーカーに子供を乗せて、昼間に一緒に散歩して外の空気を吸ってみれば夜はぐっすり寝てくれるかもしれませんね。

Copyright (C) 2008 育児相談サイト 赤ちゃん言葉. All Rights Reserved.